パチンコ初心者のためのパチンコのやり方

パチンコ初心者

ここでは主にパチンコを打ったことがない、もしくは付き合いで何回か行ったことがある程度というパチンコ初心者の方向けに、パチンコの基本的なルールや必要な予算、パチンコって勝てるの?という素朴な疑問についての簡単な解説をします。

パチンコの基本的なルール

まずはじめに、パチンコの基本的なルールから説明をします。

大前提として、18歳未満はパチンコ店への立ち入りは日本の法律で禁止されています。

それ以外にも「風営法」という法律で定められている決まりは多数ありますが、一般的にパチンコ店で遊戯をするに際にその点は気にする必要はありません。

しかしながらパチンコならではの暗黙のルールが存在しているのも事実なので、その点に関しても説明を入れていきます。

パチンコ・パチスロプレーヤーにおすすめのオンラインスロット5選

 

パチンコ店の営業時間は?

パチンコ店の営業時間は、都道府県によって条例で異なります。

国内で一番営業時間が長いことで知られるのは宮城県で、8時開店~24時閉店となっています。これは特殊な例で、一般的には開店時間に関しては東日本では9時、西日本では10時で閉店時間は23時という場合がほとんどです。

ただし、年末年始やお盆、地域の大きなお祭りなどの人が集まる期間に関しては特例として営業時間の延長も認められています。

大晦日の三重県では、一部の地域で「伊勢神宮の初詣参拝客にトイレを提供する場所」という名目で24時間以上のオールナイト営業が行われていて、パチンコ好きの間ではまさに一日中パチンコが打てる特別な日としても知られています。

パチンコのやり方

まずは店内に入店したら、お店を一回りして打ってみたいと思う台を探してみましょう。
アニメの版権物や、有名人とタイアップされている台など様々な台があるので、「このパチンコ台を打ってみたいな」という台があれば、その台に座ります。

トイレのために席を離れたり、電話をするため店の外に一旦出たい場合などは、台の目立つ場所にタバコや車のカギ等のキーホルダーを置いて台をキープするのが一般的です。

タバコも吸わないし鍵のような貴重品は置きたくない、という場合には台の横にあるサンドにお金を入れて、実際に玉を上皿に出した状態で離席をするようにしましょう。何もないと、後から来た人に空き台だと思われてしまっても仕方ありません。

ただその場合も、サンドに残金が残ったプリペイドカードが入っていたりする場合があり、それを狙った盗難も考えられるので注意しましょう。

このような段階でよく分からない点は店員さんに尋ねてみるのが一番です。今どきのパチンコ店は大手のチェーン店がほとんどなので、店員さんの接客・教育に関してもしっかりされている場合がほとんどです。一昔前の悪いイメージや、パンチパーマの怖い店員さんのイメージは一掃されています。

おすすめオンラインカジノ
 

パチンコ初心者のためのお金の考え方

さて、実際にパチンコを打ってみましょう。

パチンコ玉は基本的には1玉4円なので、台の横のサンドにお金を入れることで500円分の玉125発が出てきます。

ここでパチンコ初心者の人の頭に浮かぶのが、実際にパチンコをするにあたって予算はどのくらい必要かということではないでしょうか。

レジャー白書2018」の調査結果によると、パチンコ人口一人あたりの年間平均費用は8万5,100円、年間遊戯回数は29.4回で一回あたりの平均費用は2,890円とされています。

しかしながらこれは後述する「低貸しパチンコ」での費用も含まれていることによる結果ではあるので、あくまで目安ととらえて下さい。

オンラインカジノのボーナス

パチンコ台の種類に関しても

・大当り確率1/319、ハイリターンハイリスクの通称:ミドルスペック機
・大当り確率1/99、ローリターンローリスクの通称:甘デジ機
・大当り確率1/199、上記の中間に位置する通称;ライトミドル機

などが主要なスペックとしてほとんどのパチンコ店に設置されているので、どのスペックの機種を選ぶかによっても当然予算は異なります。

また先ほど「低貸しパチンコ」という言葉を使ったと思いますが、これこそがここ10年程で増えてきたパチンコの新しい楽しみ方です。

低貸しパチンコでは基本的に1玉1円のレートになり、単純に比較しても「予算が四分の一で済む=通常のパチンコの4倍分楽しめる」ということになり「1円パチンコ」という名称で親しまれています。もちろん換金額も同様に四分の一以下になるのでその点は注意です。

パチンコ店の建物まるごと「1円パチンコ」の専門という店もあれば、パチンココーナーの半分を従来の「4円パチンコ」にして残り半分を「1円パチンコ」として営業しているようなパチンコ店もあります。こういったお店の営業スタイルに関しては、ほとんどの場合ネットで事前に確認することが可能なので、気になる場合には確認をしておきましょう。

また、昨今では「1円パチンコ」よりも更にレートの低い「0.5円パチンコ」「0.25円パチンコ」なども登場しています。もはやここまでくるとゲームセンターと同じ感覚ですよね。

パチンコ初心者のために説明する暗黙のルール

さて、では実際に話を戻して、5,000円使って見事パチンコ台で大当りをゲットできたとしましょう。

運良く確変状態に突入して椅子の後ろには3箱くらい、大体5000発の玉を獲得できました。

いざこれを換金!という場合「1玉4円だったから、5000発×4円で2万円ゲット!」とはならないのが昨今のパチンコです。

そのような「4円で買って4円で売れる」いわば等価交換のパチンコ店は少なくなってきています。これは消費税の増税なども関係しているので仕方ない部分ではあるのですが、実際に換金する時には1玉3.57円計算のお店を例にすると、大体5000発で17850円となります。

500円単位で換金可能な場合が多いので、実際には17500円分の景品と350円分の端数分としてお菓子やジュースなどを渡されることになります。
この際に1玉何円換算で計算すればいいのか、という換金レートに関してもお店によって様々です。

また、ここから説明する箇所がパチンコにおけるタブーというか暗黙の了解とされている部分です。

「パチンコ店はあくまでもお客様に玉を貸していて、その結果出た玉を換金可能な景品に交換します。その後の事は当店は関係していませんが、偶然当店のすぐ隣(もしくは敷地内)に、その景品を買い取ってくれる店がありますよ」という建前になっています。

パチンコ店と遊戯しているお客さんの間では換金等のお金のやり取りは行っていない、というグレーゾーンともいえるような暗黙の了解があるので、店員さんに「1玉何円で交換ですか?」「換金所はどこですか?」といった内容の、お金を匂わす質問をした際にはハッキリと答えて貰えない場合があります。

そのため、やはり慣れるまではパチンコに詳しい知人などに連れていってもらうのが一番良いかもしれません。

セーラームーン風のオンラインスロット Moon Princess (ムーン・プリンセス)Moon Princess ムーンプリンセス スロット

Moon Princessのレビューを読む

初心者でもパチンコで稼げるのか?

結論からいいます。勝てません。

ギャンブルには必ず「控除率」というものが存在します。これは一言でいうと、ギャンブルを行っている胴元の取り分で、テラ銭の割合とも言えます。

一般的な控除率は下記の数値と言われています。

  • 宝くじ 約50~55%
  • 競馬、競輪などの公営競技 約20~25%
  • パチンコ 約7~10%
  • カジノ 約1~5%

この控除率が高いほど、客側が負けて胴元が儲かる仕組みになっているということですね。

宝くじはまさに一攫千金の夢を買う行為なので別物だとしても、この数値で考えるとパチンコは競馬ほどは負けないギャンブルという位置付けでしょうか。

ただこの控除率に関してもあくまでも目安で、パチンコに関しては人の手によって釘を調整することで、この控除率以上に極端に客側を勝ちづらくしてしまうことも可能です。

ラスベガスやマカオといったカジノにスロットマシーンはあってもパチンコ台はない理由として、この「人の介入(釘調整)で出方を調整できてしまう」というパチンコならではの理由があるという点も頷けます。

数値一覧を見るとカジノの控除率の低さが群を抜いて目立ち、これはいわば薄利多売とも言えます。言い換えると、運やツキなどの不確定要素に左右されず勝ちやすいという特徴がカジノにはあるとも言えます。

オンラインカジノとは

日本国内では未だ実際にカジノで遊戯することは出来ませんが、ここ数年はカジノ法案(統合型リゾート整備推進法)が話題になっています。

近い将来には日本国内でカジノを楽しむことも可能になるかもしれないので、オンラインカジノ等でゲームのルールにいち早く慣れておくとのも面白いでしょう。身近なものではないのでなかなか想像はし辛いですが、控除率を考えるとパチンコよりは儲けやすそうじゃないですか?

そもそもパチンコなどのギャンブルは、勝つ日があっても長い目で見れば必ず負けに近づいていくものだからこそ、パチンコ店は従業員の給料や新台導入費用を払いながらも営業を続けるのが可能な訳です。

パチンコはあくまでも趣味の範囲で楽しみましょう。