メガ・ジョーカー(Mega Joker) レビュー

最高$400ボーナス + 200フリースピン プレイしてみる
メガ・ジョーカー(Mega Joker)
  • ジャックポットの可能性あり
  • クラシックスロット
  • 還元率99.00%
メガ・ジョーカー(Mega Joker)
  • ゲームのタイプ: スロットマシン
  • ソフトウェア会社: NetEnt

メガ・ジョーカー(Mega Joker)は昔の懐かしいスロットを再現したNetEnt社の3リール5ペイラインのスロットです。

オンラインスロットというよりは、昔イギリスのパブで見かけたようなレトロなスタイルのスロットのような感じもします。

このゲームでは、クラシックスロットで出てくるような、スイカ、レモン、ぶどう、チェリー、ベル。セブンなどのシンボルが出てきます。

このゲームの一番大きな特徴は、上下に2つのスロットがあることです。通常は下段のスロットでプレイしますが、少し勝つと、上段のスロットでプレイするチャンスが与えられます。上のスロットの方が勝率が高いので、そこで稼げるというわけです。

通常モードSupermeter Mode (スーパーメーターモード)ランダムプログレッシブジャックポットモードでプレイができます。

メガ・ジョーカー(Mega Joker) 重要なシンボル

Mega Joker シンボル

レトロなスイカ、レモン、ぶどう、チェリー、ベル、セブンなどのシンボルが出てきます。

ワイルドシンボルはありませんが、ミステリープライズを獲得できるジョーカーシンボルがあります。

ペイラインにジョーカー3つが出ると、20~400クレジットがもらえます。

メガ・ジョーカー(Mega Joker) ペイアウトテーブル & 還元率

上段のほうがペイテーブルが豊富で還元率は99.00%のです。 1%のハウスエッジということなのですごいですね。

メガ・ジョーカー(Mega Joker) ボーナス

このゲームではボーナスラウンドはないものの、勝つことによって発生するボーナス的機能があります。通常のスロット(下段)で勝つことによって、その勝ち金を上段のスロット(スーパーメーター)において賭けることができます。

上段のスロットの方が勝率は高いので、下のスロットで少し失ったとしても取り戻すことが可能です。Supermeter Mode (スーパーメーターモード)での最高勝利額は2000クレジットです。

ランダムプログレッシブジャックポットモード

1スピンに10コインを賭ける必要があります。このモードはランダムに発生します。ベット額が高いほうがジャックポットを当てる確率が高くなります。

メガ・ジョーカー(Mega Joker)は、リスクが高いけど報酬も高いという性質を持ったゲームです。

メガ・ジョーカー(Mega Joker)の基本的な遊び方

メガジョーカー

少しプレイした方はお分かりかと思いますが、このゲームではスロットが2つあり、上のスロットでは何も起こっていないですよね。

通常のプレイは下のスロットで行われます。下のスロットで少し勝てれば、上のスロット(スーパーメーターモード)でプレイするチャンスが与えられるのです。

上のスロットは下よりかなり勝ちやすいので、下のスロットであまり運がなくてもスーパーメーターモードで挽回できます。

スーパーメーターモードでは最高200コインを賭けることができ、最高2000のコインを獲得することができます。しかし、このスロットではボーナスラウンドはありません。

Supermeter (スーパーメーター)モード

Spinボタンを押すと、スーパーメーターでプレイすることができますが、上のスロットで賭けたくない時はCollectボタンを押して、下のスロットでプレイすることもできます。また、上の段でプレイを始めた後でも下のスロットに戻りたい場合は戻ることができます。

メガ・ジョーカー(Mega Joker) レビューまとめ

メガ・ジョーカー(Mega Joker)は、50ペイラインのほれぼれするようなグラフィックが自慢の最近のビデオスロットとは違います。地味でレトロ、かつボーナスがなしでも還元率が高いスロットをプレイして満足できる人であれば、メガ・ジョーカー(Mega Joker)をプレイする楽しみを見出すことができるでしょう。

ジャックポットの可能性もランダムにやってきます。賭ければ賭けるほど確率は高くなります。

メガ・ジョーカー(Mega Joker)をプレイできるサイト2019年 03月

カジノ ボーナス 評価 詳細
カジ旅(Casitabi)カジノ 最高$400ボーナス + 200フリースピン

プレイする レビューを読む
初回入金$20以上入金で200% ボーナス

プレイする レビューを読む