マーチンゲール法はオンラインカジノに使えるか?

マーチンゲール法はカジノのゲームでよく引き合いに出される手法ですが、カジノに限らず、FXにも使えることで知られています。

負けるたびに賭け金を倍にしていけば、何連敗しても、失ったお金は1回の勝利で取り戻せるという理論です。カードゲームのようなギャンブルでは運が大きな要素です。10連敗する可能性は低い。15連敗する確率はほぼない、というような考えから生まれた考え方です。

カジノボーナス評価詳細
Casino-X (カジノ-X) 初回入金$20以上入金で200% ボーナス

プレイする レビューを読む
カジ旅(Casitabi)カジノ 最高$400ボーナス + 200フリースピン

プレイする レビューを読む
ロイヤルパンダカジノ(Royal Panda) 無料で最大45,000円、100%のウェルカムボーナス(初回入金ボーナス)

プレイする レビューを読む

マーチンゲール法とは?

理論だけ説明してもわかりづらいので例を踏まえて見てみましょう。

例えば、ブラックジャックのようなカードゲームで使えます。

まず最初に1ドルを賭けて負けました。2回目は2ドルを賭けます。また負けましたが、3回目はその倍の4ドルを賭けます。また負け。。。

う~ん、ちょっとやばい流れに。

それでも4回目は懲りずにその倍の8ドルを賭けます。

4回目でようやく勝ちました。

 

賭け金結果
1回目$1負け -$1
2回目$2負け -$2
3回目$4負け -$4
4回目$8勝ち +$8
総合+ $1

 

しかし、最後に8ドルで勝ったので、最終的には1ドルの収益ということになります。まあ小さい金額ならスケールが小さいですが、最初から大きな額を投資すると、とんでもない金額になります。

 

マーチンゲール法って本当に使えるの?

理論上では都合がよく聞こえますが、実際には筋書き通り行くわけではありません。そして、毎回そんな大金を賭けるのには抵抗がありますよね。

5回連続で負けることはあり得ないと思っていても、仮に実際5回連続で負けたとして、6回目に勝つ保証はありません。

でも、ゲームをしている数分間はその理論通りに事が進む場合があります。でも、少しぐらい連勝したからと言って、もっと稼いでやろうという欲張り精神で長時間ゲームを続けると、負けが立て込むかもしれません。100%通用する理論ではないということです。気まぐれな理論とでも言うのか、正しい時もあるし、正しくない時もあるという感じでしょうか。

なので、少し勝ちが続いたら、あまり欲張らずに止めておくことがコツです。

それでは、マーチンゲール法のいいところ悪いところを見てみましょう。

 

マーチンゲール法のいい点は?

シンプルな発想

考え方は簡単。連敗が込んでも、1回の勝利で今までの損失を取り戻して、わずかな利益を出せるということ。単に賭け金を倍にしていくだけなので、初心者でも実践できます。

短時間で大きな利益を出せる

マーチンゲール法が100%的中するなら、誰だって長時間やって稼げます。でも、数時間ゲームをやっている最中に、いつ勝利の波が訪れてくるか、連敗の波が訪れてくるかわからないから面白いと言えます。

ゲームが面白くなる

策略を練るのはおもしろいですね。

 

マーチンゲール法の悪い点は?

カジノによってベット額の上限がある

カジノハウスやオンラインカジノでは、ベット額の上限があります。あまりの大金を賭けられない場合は、マーチンゲール法を使うことはできません。

お金が減るのが速い

バンクロールが大きいプレイヤーには合っているけど、少ない人だと、すぐにお金がなくなってしまう。短時間では利益を出せるけど、長い目で見ると100%当たるわけではない。

 

逆マーチンゲール法(パーレー法)もトライしてみる

パーレー法とは、簡単に言ってしまうとマーチンゲール法の反対の考え方で、勝った後に賭け額を倍にしていくという手法です。連勝すると利益がどんどん増えていくという点が特徴で、連続して勝てば、どんどんとバンクロールが増えていきます。

ただ、実際にはそんなに連勝するのは難しいので、一回負けると、それまでに儲けた額をそのまま失い、±0にリセットされてしまいます。現実的には少しでも連勝が続いたら、小さい賭け額に戻すと、負けたときに手持ちの資金をキープできます。

 

マーチンゲール法の歴史

マーチンゲール法に関するはっきりした公式の記録はありませんが、フランス南西部にある町、マーティギューに起源があると言われています。ベットに負けた後、ベット額を倍にしていくというシステムを嘲笑していることでこの名前がつけられたようです。

もうひとつよく聞く説は、イギリスでカジノハウスのオーナーをしていた ジョン・ヘンリー・マーティンデール氏 (John Henry Martindale)です。マーティンデール氏がお客さんに勧めていたシステムがマーチンゲール法だと言われています。

なぜMartindaleがMartingaleになったのか?う~ん。。。

 

まとめ: マーチンゲール法はオンラインカジノに使えるか?

マーチンゲール法の基本的な考え方は、負けが何回も続く確率は少ないので、賭け金をどんどん倍にしていくということ。ルーレットの赤か黒に賭けるような勝率50%のギャンブルで使える手法です。

現実的に考えて、10連敗することはほぼ考えられませんよね。5~6連敗することもあまりないとでしょうが、10連敗より確率は高いです。

ただ、3連敗、4連敗する確率は頻繁にあると思いますので、そのような小さなスケールで実践してみると、オンラインカジノでマーチンゲール法を有効に使うことができるでしょう。

 

カジ旅の入金不要ボーナス