ブラックジャック

ブラックジャックの基本的なルールと勝ち方

オンラインカジノで遊ぶのであれば、ブラックジャックのルールや基本的な遊び方は知っておきたいところです。というのも、ブラックジャックはどんなカジノにもありますからね。オンラインに限らず、ランドカジノでも。

ブラックジャックって聞くと有名な漫画を思い出す人もいると思いますが、トランプを使用したカードゲームで、オンラインカジノでも必ずある人気テーブルゲームの一つです。

アメリカのカジノやマカオになら必ずあるブラックジャックは、バカラと並び定番のカードゲームなので、絶対マスターしておきたいゲーム。今ではネット上やスマホでも遊べる時代で、古い歴史なんて程遠い感覚かもしれませんが、その歴史はかなり古いですよ。少しおさらいしてみましょう。

カジノボーナス評価詳細
Casino-X (カジノ-X) 初回入金$20以上入金で200% ボーナス

プレイする レビューを読む
カジ旅(Casitabi)カジノ 最高$400ボーナス + 200フリースピン

プレイする レビューを読む

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックの人気は、第一次世界大戦頃にまでさかのぼり、その起源は1760年代のフランスだと言われています。 Vingt-et-Un(ヴァンテ・アン = フランス語で21)と呼ばれたゲームは18世紀にの初めにフランスで人気を博しました。

19世紀にはゲームがアメリカに広まりましたが、アメリカに広まった時には、このゲームはまだ「21」と呼ばれていました。そして、当時のカジノハウスはお客さんを呼び込むために、魅力的なボーナスを提供していたようです。

あるカジノハウスの中には、スペードのエースとブラックジャック(クラブのジャック、またはスペードのジャック)で21ポイントを当てた人には配当10倍のボーナスも提供していたので、ブラックジャックという名前が定着したとか。

ブラックジャックのルールと基本的な遊び方

ブラックジャックプレイの手順

基本的にはディーラーとあなたの対決です。それぞれのサイドにカードが2枚配られますが、2枚の合計が21を超えずになるべく21に近い方になった方が勝ちというゲーム。要するに21以下でディーラーより大きい数であれば勝ちということになります。

ルールは簡単ですが、スキルと運を要するカードゲームなので、スロットのようにただ回して運任せというだけではありません。用語もあとで解説しますが、ここではとりあえずゲームの基本的な流れを見てみましょう。

 

プレイの手順

ブラックジャック 基本的な遊び方

流れとしては、まずベット(賭け)額を決定し、賭け金を所定の場所に置きます。準備ができたらDealのボタンを押します。ディーラーが2枚ずつカードを引いた後に、もっとカードを引きたいか、そのままで勝負するのかを決めます。

 

ブラックジャックで勝ち

カードの合計が21の場合はブラックジャックとなり、ディーラーもブラックジャックにならない限り勝ちます。上の例では、4+5+7+5=21なので、ブラックジャックとなり勝ち!

 

ブラックジャック バスト

数が21を超えた場合はバスト(bust)と呼ばれ、自動的に負けになります。この例では、ディーラーが4+9+A(1)+Q(10)=24 なので、バストで負けです。

しかし、ほとんどの場合は21以下の数字の時に「これで勝負」という宣言(Stand)をしなくてはなりません。「その宣言をいつするのか?」というのがブラックジャックの一番難しいところだと言えます。

ブラックジャック カードの数え方

2~10の数字はそのまま数えますが、J、Q、Kは10としてカウントされます。A(エース)は1、または11のどちらか好きな方を選べます。

 

ブラックジャックの用語解説

ベット お金を賭けること。

Deal (ディール) ベットを開始すること。

Hit (ヒット)  簡単に言うともっとカードを引くこと。2枚のカードを引いた後、まだ数が低くて、さらに引いても21を超えないという確信があればHitする。

Stand (スタンド) 自分のカードの合計が21に近くてディーラーに勝てる(ディーラーより大きな数)という確信があればStandをして、その時点でゲームを止めることができる。もちろんディーラーより大きい数字であれば自分が勝ち、ディーラーより低ければ負ける。「ここで勝負だ」というときにStandを使います。

Bust (バスト)  21を超えてしまった場合bustになり、負けてしまう。

push (プッシュ) ディーラーとプレイヤーが引き分けになること。

Double Down (ダブルダウン) カードが2枚引かれた後に、最初の賭け額を変更して、2倍の額を賭けてよいこと。

Surrender (サレンダー) 英語の意味だけで解釈すると「降伏する、あきらめる」というような意味。負けると思ったら賭け額を半分にできる。

ナチュラル エースと10のカードが出ると21にになりナチュラルとなります。自動的に勝ちます。

ソフトハンド(soft hand) エース(A)を1と数えても11と数えてもいい組み合わせのこと。こsoftの意味は「柔らかい=融通がきく」というような意味で考えればこの用語の意味もわかりやすくなるのではないでしょうか。

例えば、エース(A)と8の組み合わせだったら、もちろん11を選ぶでしょうが、どちらでも選ぶことができますね。よってソフトハンドになります。

ハードハンド 逆にエース(A)を1にしか数えられない状況(11にするとバストしてしまう)に陥ったときのことを指します。ソフトと反対で「硬い=融通がきかない」と考えればわかりやすいと思います。

例えば、8と7が出て、3枚目にエース(A)が出たら1を選ぶしかチョイスはありません。エース(A)を選ぶとバストしてしまいます。

いくら賭けられる?

ライブカジノでは通常テーブル上、または画面上部にに最低ベット額(Min)と最高ベット額(Max)が表示されているので、簡単にチェックすることができます。まあ、よほど慣れてこないとあまり大きな額も賭けないと思いますが。

ブラックジャックの配当は?

勝ち方が何種類かあり、それぞれ配当が違ってきます。と言っても大きな違いはありませんが。

ディーラーより大きい数で勝つ 1倍
ブラックジャック 1.5倍
ディーラーがバスト 1倍
プッシュ 全額返金

ブラックジャック還元率(ペイアウト)

オンラインカジノのペイアウト(還元)率は約94~98%位です。

日本で人気のある他のギャンブルと比べてみると断然高確率であることが分かります。

宝くじ 45.7%
競馬 75%
パチンコ 85%
サッカーくじ(toto)49.6%

ブラックジャックで勝つコツはあるの?

いくら運任せのゲームとは言っても、ブラックジャックで勝つにはいくつかのコツがあります。ただ闇雲にヒットしたりしないで、ディーラーのカードをよく観察してプレイをすると勝率も高くなります。

いつHitするべきかを知っておこう

Hitとは用語でも解説したように、カードを引くこと。ブラックジャックで勝つためには、平均18以上のトータルが必要です。というのも、カードの合計が17以上になってhitし続けると、21を超える確率が高くなってくるからです。

いつStandするべきかを知っておこう

Standするタイミングは、はもちろん自分が21に近くてディーラーに勝てると確信できる時、またはディーラーがbustすると確実にわかる時。

これ以上カードを引いたらbust(21を超える)してしまうという時。

ディーラーのアップカードを読もう

ブラックジャックで勝つためには、ディーラーのアップカードを読むことが大切。アップカードとは、ディーラー側にカードが2枚配られた後に1枚だけ見えているカードのこと。

見えないカードはface-down card (フェイスダウンカード)、またはホールカード (hole card)と呼びます。

例えば、アップカードを見て10が出ていたら、すでにディーラーが有利だということは読めます。その次に10や11が出たら、ブラックジャックになったり、21に近くなるのでディーラーの勝率はグッと上がります。

アップカードが小さい数だったら、そんなに簡単に21に近づけないので、まだ弱い立場にいるということを読むことができます。なので、アップカードをチェックすることは、ブラックジャックの戦略上、非常に重要です。

さらに、ディーラーの次のカードは10だということをあらかじめ想定しなくてはいけないということです。というのも、ディーラーのhole cardには10のカードがたくさん入っているので、10が出てくる確率が多くなってきます。

パワーカード

パワーカードとはFace valueのカードと、9と10。これらの数が出るとディーラーが断然有利な立場に立ちます。2~6は低いので21に届くのに不利な立場になり、7と8はどちらとも言えません。

9-A: ディーラーがかなり有利。
7-8: どちらにもチャンスがある。
2-3: ディーラーは弱い立場にいる。
4-6: かなりやばい。

オンラインカジノで遊ぶならブラックジャック(blackjack)はマスターしておきたい

ブラックジャックはカジノのカードゲームの王道です。バカラやルーレットももちろんですが、オンラインカジノで遊ぶのであれば絶対に基本はマスターしておきましょう。